メソッド

メンターの活用方法<選択基準もお伝えします>

ビジネスを教えるメンター



今回はメンターについて書きたいと思います。




メンターというと自分がやりたいことを先に経験していて
その経験から的確なアドバイスをしてくれる人を指します。




メンターの必要性




やりたいことを始める時に、一から自分で行うこともできますが
時間がかかりますし、実際にやってみると分からないことが多々
あり効率が悪いです。




私もメンターがいて、困った時には相談させてもらっています。




知りたいことをすぐ知ることが出来て、プラスαのアドバイスが
もらえるので助かっています。





メンターの探し方




メンターの探し方としては、気になった人にコンタクトを取って
みることが一番です。





コンタクトを取った後のやり取りで(意見が)合わないですとか
(理由は分からないけれども)何か嫌な感じがする等の場合には

以下の2つの方法でメンターを探すようにしています。




1つ目は




直接会ってみることです。





ただし、人によっては会うことで営業をかけられるといったことも
あるので注意が必要です。





2つ目は




まずはメールなどで連絡を取って、気に入ったメンターが見つかったら(相手の都合もあるかとは思いますが)会ってみて、この人に教わりたいと思えるか確認するのがベターです。




メンターの選択基準




メンターを選ぶ基準として




①(探している段階で)メンター自身がプレイヤーとして
    実績をあげているか

②自分のことを第一に考えて接してくれるか





私は、上記2点を基準に選んでいます。




①についてですが




実績がある方をメンターとして選ぶのは当然のことと思いますが
その実績が過去のものであり、現在は何も活動していないという
方もいらっしゃいます。





また、場合によっては架空の実績を掲げている方も見受けられます。




そのため、実績だけで判断するとメンター選びを失敗する可能性が
あります。





②については




メンターの教え方が誰でも同じ内容であることや(悪い意味で)優しく接してくれる人がいると自分の成長の妨げになります。




私の経験上、自分で考えさせるよう指導してくれるメンターがおすすめです。あれこれやってくれる人の方が一見親切に思えますが、その人がいないと自分ではできなくなってしまうため、おすすめしません。




むしろ、厳しいですが、応用力がついて自分で実践できるレベルに
持っていってくれるメンターが理想です。





ぜひあなたの理想とするメンターを探してみて下さい。