メソッド

失敗をプラスに変える

失敗して対策を考える人

前回の失敗について、今回は失敗をプラスに捉える方法
についてみていきます。





失敗はプラスになる




一般的に失敗というと過ちであり、失敗すると気分的にも
落ち込みます。





失敗を失敗だと認識すると行動が止まることに繋がります。




そのため、失敗の捉え方を変える必要があります。




失敗の認識を変える




ただ、失敗を失敗以外の捉え方をするのは難しいです。




しかし、歴史上失敗を失敗と感じない人がいました。




皆さんもご存知のトーマス・エジソンです。




私は失敗したことがない。
ただ、1万通りの、
うまく行かない方法を
見つけただけだ。

- トーマス・エジソン -




まさに名言ですね!




認識の違いで同じ結果でも失敗と捉えるか1つの実験結果
と捉えるかで異なってきます。





失敗が続くと次第にモチベーションが下がりますが
1つの結果が出たと思えば次に繋げていけます。





結果として自分の求めるものが得られなかった時はPDCA
の考え方に則り、プロセスを改善していけば、望むべき結果
が得られます。





認識を変えてチャレンジする心を養っていきましょう。