移動

良好な人間関係を築く振る舞い方

人間関係のimage

人間関係で悩むことは多くの人が抱えている悩みの種です。人間関係を良好にすることができれば、仕事やプライベートなど様々な面で日々の生活が楽しくなると思います。

人間関係というと一見、自分ではコントロールできないことだと思いますが、ある程度のレベルまでは、自分でコントロールできます。

なぜなら、自分の振る舞い方によって相手の反応が変わってくるからです。

多くの人は、人間関係は自分でコントロールできないもので、周りの人が自分に対して、優しく接してくれないと良好な人間関係はできないと考えている人もいるかと思います。

しかし、周りの人が自分に対して厳しく接するのか、優しく接するのかは普段のあなたの振る舞い(行動)によって変わってきます。

つまり、周りの人があなたに対する対応は、あなたの普段の振る舞い(行動)の結果を反映しています。

相手は自分を映す鏡

周囲の人たちは、いわばあなた自身を映す鏡みたいな存在で、あなたの普段の振る舞いが相手からあなたに返ってきているのです。

そのため、普段のあなたの振る舞い方が周りの人間関係を構築しています。

では、どのように振舞えばいいのでしょうか。

場面によって振る舞い方というのは多少なりとも変わってくるので、「これだけをすればいい」ということはありません。

ただし、共通して行う振る舞いはあります。それは、「相手としっかり向き合うこと」です。

良質な人間関係の構築方法

苦手な人と会話をする時に、自分では、普段通りに話していると思っていますが、無意識に話を早く切り上げたいという思いから早口で「はい、はい」と会話を早く打ち切りたいと思わせる行動をとったり、無表情に近い表情で話をしたりと相手に対して避けている印象を与えがちになります。

この解決法としては、「誰に対しても同じ対応を心掛けること」です。

相手によって差をつけることで、差をつけた相手だけではなく、それ以外の周りの人にも影響を与えるからです。人は見ているようで、見ていないこともありますし、その逆で見ていないようで見ていることもあります。

常に同じ対応(同じ姿勢)で相手に向き合うことで差をつけないようにします。具体的には、相手に親しみを込めて接すると好感を持たれます。

また、相手によっては、何気なく行ったことが悪い方向に捉えられ、人間関係が悪くなることもあります。

相手の捉え方で関係が悪くなった人への対応

自分では相手に何か害を与えようとしているわけではなく、「普通」に振舞っているのに相手が不快感を抱き、関係が悪くなることもあります。

例えば

・手が空いていないときに話しかけられて、そっけない態度をしてしまった

・目を合わせて会話することが苦手なので、目をそらして会話をしている

・相手が重要な話をされているのに、関心のなさそうな返事を返している 

などが挙げられます。

相手の捉え方次第なので、回避することは難しいことがありますが、経験上、仮に相手の捉え方で仲が悪くなっても、相手と話すことによって比較的早く解決できます。

仲が悪くなってから話しかけることは、気持ちの面で抵抗があると思いますが、再び仲良くしたいと思う相手であれば、もつれをほどいてあげることをおすすめします。

以上、良好な人間関係を築く振る舞い方についてでした。