移動

kindle出版のやり方

kindle書籍

この記事では、電子書籍(アマゾンKDP)の作成方法について書いていきます。

KDPというのは、Kindle ダイレクト・パブリッシングの略でアマゾンが運営するセルフ出版サービスのことです。

このサイトを使うことで個人でも本(電子書籍)を出版できます。

具体的な手順としては、最初にアマゾンのKDPのページにアクセスします。

赤枠のサインインをクリックします。

必要な情報を入力して、再度サインインをクリックします。

KDP②

販売に向けてのアカウントを設定していきます。
規約を見て同意する場合は、「同意する」をクリックします。

KDP③

トップ画面が表示されたら赤枠の「今すぐ更新」をクリックします。

KDP④

上から順に入力していきます。

KDP⑤

現在の居住地及び氏名について入力していきます。

KDP⑥

続いて支払いの受け取り方法を選択していきます。

KDP⑦

支払いを受け取るための銀行口座の情報を入力します。入力が終わったら追加をクリックします。

KDP⑧

税金に関する項目を入力していきます。

納税区分ですが、個人で仕事をされている方は「個人」、会社の仕事でされている方は「法人」を選択します。

次に米国人であるかどうかを選択します。

KDP⑨

税務上の身元情報を入力です。ここではローマ字及び英語での入力になります。
ローマ字と英語が混在しても大丈夫です。

郵送先の住所は変更する場合以外、本籍地の住所と同じにチェックを入れておきましょう。入力を終えたら完了をクリックします。

KDP⑩

TIN(納税者番号)についてです。TINを設定しておくと税制の面で有利になりますが、日本でのマイナンバーは使うことができません。また、税制の面で有利になるのは日本以外の国で本が売れた場合になります。日本語で販売している場合は、影響はないと思われます。

TINを持っていなければ、一番下の青丸の場所を選択してください。

KDP⑪

次に内容を確認して良ければ、同意にチェックしてください。
また、署名は半角英数字および半角記号のみの使用になります。

KDP⑫

税務情報に関するインタビューでは、下の方に前の項目で入力した署名と日付が表示されていることを確認して、「フォームを送信」をクリックします。

KDP⑬

ここから、出版に向けての手順に入ります。

「電子書籍または有料マンガ」をクリックします。

KDP⑭

出版する書籍の内容について入力していきます。

言語の選択、書籍のタイトル、著者名を入力していきます。オプションのところは、入力する必要があれば入力してください。

例えば、著者の項目のオプションを入力すると2人目の著者が表示されます。

KDP⑮

著者の項目では、上から順に漢字・カタカナ・ローマ字でそれぞれ入力してください。オプションは共同で書いている執筆者がいない限りは必要ないです。

例えば、著者の項目のオプションを入力すると2人目の著者が表示されます。

KDP⑯

ここからは、赤枠のKindke本のコンテンツの内容について情報を埋めていきます。

KDP⑰

デジタル著作権管理 (DRM) は、デジタル コンテンツ ファイルの不正な利用や複製を防止するための技術です。つまり不正なコピーを防いでくれます。

作品を保護したい場合は DRM を有効にしますが、作品をより多くの読者に読んでもらいたい場合は DRM を有効にしないという選択もあります。

ページを読む方向は、好みの問題になりますが、特にこだわりがなければ「左から右(横書き)」の選択をおすすめします。電子書籍では、横書きが一般的だからです。

KDP⑱

続いて、「電子書籍の原稿をアップロード」をクリックします。

KDP⑲

アップロードが完了したら「原稿を正常にアップロードしました」と表示が出てきます。

KDP⑳

Kindke本の表紙をアップロードしていきます。最初に参照をクリックし、アップしたいデータを選択します。

KDP㉑

無事アップロードが完了すると「表紙のアップロードに成功しました」と表示が出てきます。

KDP㉒

Kindke本のコンテンツの登録が終わりました。最後にKindke本の価格設定の登録をしていきます。

KDP㉓

KDPセレクトへの登録をしていきます。

KDP セレクトとは、より多くの読者を獲得し、無料で収入を増やすことができるようにする無料のプログラムです。居住している国に関係なく、すべての著者および出版者の皆様が KDP セレクトに Kindle 本を登録できます。

お好みで登録するかを決めて下さい。

KDP㉔

出版地域については、本を販売するために必要な権利(販売する権利)をすべての地域で配布するか特定の地域で配布するかを選択します。

基準として、その本がオリジナル コンテンツであり、過去に出版したことがない場合は、全世界で配布する権利を持っていると言えます。

KDP㉕

ロイヤルティと価格設定です。Kindle 本の希望小売価格を設定していきます。35%と70%がありますが、各ロイヤリティレートの計算式は下記のとおりです。

<35%のロイヤリティレート>

35% のロイヤリティ レート x (希望小売価格 – 適用される付加価値税等) = ロイヤリティ

<70%のロイヤリティレート>

70% のロイヤリティ レート x (希望小売価格 – 適用される付加価値税等 – 配信コスト) = ロイヤリティ

35%または70%好みの方を選択してください。

また、販売価格はAmazon.comで入力した金額が他の国での販売価格に反映されます。

KDP㉖

本のレンタルと利用規約です。

本のレンタルの項目は、ロイヤリティ オプション35% の本は、本の出版手続き中に表示される「権利と価格設定」ページの「Kindle 本のレンタル」でチェックボックスをオフにすることで、レンタル対象から除外できます。

ただし、ロイヤリティ オプション70% の本や、別の販売チャネルまたは配布チャネルの貸出プログラムに含まれている本は、レンタル対象から除外できません。

利用規約は内容に同意できれば「Kindle 本を出版」をクリックします。

KDP㉗